薄毛対策

薄毛対策C食事・ストレス・生活習慣が原因

ストレスは血行を悪くする

ストレスは、交感神経を刺激して、血管を収縮させ、血行を阻害します。

 

これまでの説明からも、血行が悪いと髪の成長の妨げになることは、理解していただいてますよね?

食事は、髪の栄養にとって大切です

髪の栄養は、肝臓で作られていますが、食事によって十分な栄養を取っていないと髪の栄養分まで作りません。
人間の体に重要なところから順番に栄養となっていきます。

 

脳であったり、心臓、内臓、骨、皮膚など・・・
生命にあまり関係のない「髪の毛」の栄養は後回しになってしまうのです。

 

また、アルコールを飲みすぎることも良くありません。アルコールを分解することに肝臓が働いて、髪の栄養など後回しになるのです。

生活習慣を考える

髪の栄養は肝臓で作られることは説明しましたが、肝臓の活動が最も盛んになるのは、深夜0時kから3時の間だと言われています。個人的に多少の誤差はありますが、夜には寝ていないと肝臓の働きは鈍ります。

 

「早寝早起き」は、髪の毛の成長にも良いのです。

 

前のページ戻る⇒薄毛対策B遺伝が原因

 

効果別おすすめ育毛剤は⇒コチラ

 


ホーム RSS購読 サイトマップ