薄毛対策

薄毛対策B遺伝が原因

遺伝は、『薄毛になる体質』が遺伝するだけ

男性型脱毛症を例にとって説明します。

男性型脱毛症は、
男性ホルモン「テステステロン」が還元酵素「5αリダクターゼ」の作用を受けて、DHT「ジヒドロテステステロン」に変化し、このDHTが毛乳頭を攻撃することで、毛母細胞における細胞分裂の力が弱まることで起こる脱毛症のことです。

 

遺伝するのは、テステステロンと5αリダクターゼが反応しやすい体質であって、「薄毛になる」ことではありません。
「お父さんがハゲているから、しょうがない」というのは間違いです。

 

ようするに後天的原因で薄毛になることの方が、可能性としては高いのです。
ヘアケアの重要性の認識が高まったのではないでしょうか?

 

 

また、還元酵素「5αリダクターゼ」にはT型とU型があって、テステステロンはU型の影響を受けます。
U型の情報はX染色体が持っているので、母方からの遺伝の影響だということにあんります。母親はハゲることがありませんので、母方のおじいさんがハゲていると、その影響を受けている可能性はあります。

シャンプーと育毛剤を正しく使用する

毎日のアミノ酸系のシャンプーで、皮脂に含まれる還元酵素の分泌を少なくして、テステステロンとの反応をシャットアウトすることが大切です。

 

お薦めシャンプーの解説ページは⇒コチラ

 

更に、脱毛予防発毛促進効果の高い育毛剤を使用することも大切になります。

 

効果別おすすめ育毛剤は⇒コチラ

 


ホーム RSS購読 サイトマップ