30代 薄毛対策 抜け毛 薄毛の原因

【抜け毛・薄毛の原因】を知る

抜け毛・薄毛とは、『成長期』が短くなること!

まず、知っておくべきは、
『抜け毛・薄毛とは、ヘアーサイクルにおける「成長期」が短くなること』というです。

 


 

 

成長期は短いと、髪が太く成長する力がなく、太くなる前に抜け落ちてしまます。
これが、抜け毛・薄毛の正体です!

 

また、抜け毛の原因は一つではなく、複数の要素が複雑に絡み合っています。
それらを知ることが薄毛対策の第一歩です。

 

抜け毛・薄毛の原因である<4大要素>

  • 男性ホルモンが原因
  • 血行不良が原因
  • 遺伝が原因
  • 食事・生活習慣が原因

これが原因となり、ヘアサイクルにおける『成長期』が短くなるのです。

 

抜け毛・薄毛の原因<@男性ホルモン>

男性の70%が<男性ホルモン>が原因の抜け毛だと言われています。

 

 

 

男性ホルモン「テステステロン」が、皮脂腺から分泌される還元酵素「5αリダクターゼ」の影響を受けると、体内で化学反応を起こして悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテステステロン)」に変化します。

 

 

 

この「DHT」が毛乳頭の細胞分裂を萎縮させるために、抜け毛の症状が引き起こされるのです。

 

このDHTが原因で起こる脱毛症を男性型脱毛症「AGA」と呼びます。
AGAは、男性だけでなく更年期の女性の薄毛の原因にもなることがあります。

抜け毛・薄毛の原因<A血行不良>

髪の栄養は、肝臓で作られています。そして、肝臓で作られてた栄養分は血液の流れに乗って毛乳頭まで運ばれます。

 

栄養を得た毛乳頭は、毛母細胞に『細胞分裂せよ!』と命令を送ります。この細胞分裂が、「髪が伸びる」ということなのです。

 

血行不良ということは、「毛乳頭に栄養分が運ばれない」ということであり、その結果、毛母細胞の「細胞分裂は行われず、「髪の成長もおぼつかない」のです。

抜け毛・薄毛の原因<B遺伝>

人体の設計図であるDNA(遺伝子)には、細胞の活動プログラムが記憶されています。その中の、抜け毛や薄毛のプログラムが進行すると髪の成長が阻害されて抜け毛へと進行するのです。

 

抜け毛や薄毛のプログラムですが、
例えば、先の男性型脱毛症の場合、『薄毛になることがプログラムされているのではなく、テステステロンと還元酵素が反応しやすい体質が遺伝で受け継がれるのです。』

そうでなければ、生まれつき『薄毛』の赤ん坊が生まれてもおかしくありませんよね!?
薄毛になるのは、早くても20代後半からではないでしょうか。要するに、後天的要素が大きいのです。

 

生活習慣が不規則であったり、ストレスがあったりすることで、テステステロンと5αリダクターゼが反応しやすくなるのです。結果、DHTが発生して薄毛へと進行するのです。

抜け毛・薄毛の原因<Cストレス・食事・生活習慣>

ストレス

 

仕事や人間関係などでストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れてきます。その結果、血流が悪くなり髪の毛まで栄養が届かなくなります。
また、免疫系に以上が生じると、頭皮や毛根の炎症が引き起こされることがあります。

 

女性が出産後に抜け毛が多くなる『びんまん性脱毛症』は、この中に入るでしょう。

髪の毛栄養は肝臓で作られ、血液に乗って毛乳頭まで運ばれて、細胞分裂のエネルギーとします。肝臓は、夜中に12時から3時まで比較的が良く働くと言われています。

食事・生活習慣

 

栄養バランスの悪い食事や、寝不足、喫煙習慣や食事の習慣などが良くないと、身体の新陳代謝機能が低下します。このことが頭皮の状態にも悪影響を及ぼすとこがあります。

 

最も、髪に良くない<生活習慣>

  • 夜更かしをよよくする。(髪の栄養を作る肝臓の働きは弱くなります。)
  • 喫煙習慣がある。(喫煙は血管を萎縮させ血流を悪くするものです。)

 

髪の栄養は肝臓で作られ、血液の流れに乗って毛乳頭へ運ばれますが、肝臓が最も働くのは、夜中の0時〜3時だと言われています。
この時に睡眠をとっていないと、肝臓の働きは鈍るのです。。。

 

また、喫煙は血流を妨げます。当然、血液の流れる量は減り、運ばれる栄養も減ります。。。

 

 

次のページへ⇒30代 薄毛対策@男性型脱毛症

 

効果別おすすめ育毛剤は⇒コチラ

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ