発毛 食品

発毛を助ける食品@<イソフラボンとカプサイシン>の発毛効果

発毛する食品とは・・・・・

「育毛には、バランスの良い食事が大切」

 

なんて言葉は良く耳にします。

 

そんなことではなく、「これを食べれば発毛効果がある!」っていう食品があるのか知りたいんですよね!

 

あります!

 

それも理論に裏付けされた食品がね!

 

 

理論はあとで説明するとして、その食品のキーワードは、

 

『イソフラボン』と『カプサイシン』です。

 

 

イソフラボンは、大豆成分ですよね。

 

食品で言えば、納・味噌・豆腐などがあります。

 

 

また、

 

カプサイシンは、唐辛子成分ですね。

 

食品で言えば、一味・キムチなどがあります。

 

 

ここで注意があります。

 

発毛効果があるのは、『イソフラボン』と『カプサイシン』を同時に食べた時です。

 

これ、かなり重要なポインとです。

 

ここから理論に裏付けされた理由を説明します。

IGF-1理論@岡島博士の研究成果

『イソフラボン』と『カなプサイシン』と同時に摂取するというIGF-1という成長因子が生成されます。

 

IGF-1とは、育毛やアンチエイジングなどの効果を持つ重要な物質です。

 

このIGF-1は、私たちの体内にあるものですが、これを安全に増やす方法が見つかっていませんでした。

 

岡島博士は、知覚神経を刺激すると、毛根をはじめとする体内のIGF-1が増加することを発見したのです。

 

IGF-1理論とは・・・

 

  • 「カプサイシン」で知覚神経を刺激して「CGRP」を放出させて「IGFー1」を増加させる。
  •  

  • 放出により減少した「CGRP」を「イソフラボン」で増加させる。

 

簡単に言うと、

 

@「IGF-1」が増加すれば“髪の毛が生える”ので「IGF-1」の栄養素である「CGRP」を「カプサイシン」で毛根に与えます。

 

A知覚神経にある「CGRP」の容量には限界があるので、「イソフラボン」で「CGRP」を生成します。

 

このため『イソフラボン』と『カプサイシン』は同時に摂取しないと効果持続する。

 

関連ページ⇒IGF-1理論で育毛しよう@イソフラボンとカプサイシンで発毛!

発毛する食品は・・・・・

例えば、

 

イソフラボンを含む豆腐。
これを冷奴にして食べる時には、ネギを乗せて、醤油を少々。
これが最高ですね。

 

しかし、

 

醤油をやめて、キムチを乗せる。または豆板醤。
これで、『イソフラボン』と『カプサイシン』を同時に食べれます。

 

 

また、

 

 

大豆から作られる味噌。

 

味噌汁に一味を少々

 

これで『イソフラボン』と『カプサイシン』を同時摂取です。

 

実は、これで「発毛した」というデータもあるんです。
育毛剤を使わないで!
育毛剤と併用すれば最強ですね。

 

 

このように、『イソフラボン』と『カプサイシン』を同時に食べることを考えて献立を考えるのも楽しいかもしれませんね。

 

あっ、男性の方は奥さんにお願いしましょうね。

 

 

関連ページ⇒IGF-1理論で育毛しよう@イソフラボンとカプサイシンで発毛!


ホーム RSS購読 サイトマップ