育毛 食べもの 食材

育毛を成功させる<食べもの・食材>@髪の栄養は肝臓で作られる!

「育毛」と「食べもの」の関係とは・・・・・

育毛を成功させる上で「食材」はとても大切です。

 

というのも、髪の毛の栄養は肝臓で作られているのですが、バランスの良い食事を摂っていないと十分な栄養が作られないのです。

 

育毛剤の多くが、「血行促進」効果を重要視しているのも、このためです。
肝臓で作られた栄養を血液に乗せて毛乳頭へ運ぶことを目的としています。

 

  • 栄養を受けた毛乳頭は、毛母細胞を活性化します。
  • 活性化された毛母細胞は、細胞分裂押し上げれれる繰り返します。

 

 

この毛母細胞の細胞分裂こそが『髪の毛が生える』ということなのです!

 

 

頭皮の下では、毛母細胞が細胞分裂を起こして、下から髪の毛を押し上げるように伸ばします。

 

そうなんです。

 

髪の毛は、毛先から伸びるのではなく、根元から押し上げられるように伸びるんです。

 

このことからも、
毛乳頭の役割の重要性が認識できたと思います。

 

毛乳頭の働きを高めるために食事は大切なのです。

 

まっ、

 

「髪の毛」のことだけでなく、健康のことを考えても食事は大切なんですけどね・・・・・。

育毛に良い「食材」とは・・・・・

育毛に良い食材を栄養成分を絡めて紹介していきます。

 

また、これが全てではありませんので、参考程度の聞いてくださいね。

 

栄養素 働き 含まれる食品
ビタミンA 皮膚の乾燥を防ぎ、毛穴の角質化を予防します。 卵・レバー・ミルク・イワシ・まぐろ・緑黄色野菜など
ビタミンB1 頭皮の脂漏の原因となる コメ・豚肉・豆類
ビタミン2 髪の毛の新陳代謝を維持します。 卵・牛乳・チーズなど
ビタミン6 皮脂の過剰を抑えてくれます。不足する脂漏性脱毛症になりやすくなります コメ・肉類・魚類・バナナ・小麦・大豆など
ビタミン12 毛髪の(ハリ・コシ)を維持してくれる。 レバー・納豆など
バントテン酸 不足すると毛乳頭が萎縮します。 豆類・肉類・チーズなど
ビタミンC 頭皮の血行促進、過剰な皮脂の分泌を抑制してくれます。 シジミ・アサリ・レバーなど
ビタミンE 頭皮の血行を促し、抗酸化作用もあります。 キャベツ・みかん・レモンなど柑橘系など
ビチオン 白髪、脱毛予防。髪の毛の成長を促してくます。 玄米・胚芽米・ゴマ・大豆・ナッツ・卵・植物油など
亜鉛 頭皮の乾燥を防ぎ発毛を促がしてくれます。 卵黄・レバー・ほうれん草・ブロッコリーなど
発毛を促進してくます。 レバー・カキ・エビなど
セレン 不足すると脱毛症になりやすくなります。 エビ・納豆・プルーン・海藻・カキ・魚介類・牛赤肉など
コラーゲン 髪のコシ・張りを保つ働きをしています。 肉・牛乳・魚介類・レバーなど
DHA 過剰な皮脂を抑制してくれます。 青魚など
ノコギリヤシ 男性型脱毛症の原因であるテステステロンの抑制し、5αリダクターゼも抑制してくれます。 豆類・肉類・小麦粉など
リコピン 過剰な皮脂の分泌を抑える トマトなど
イソフラボン 過剰な皮脂の抑制してくれます。 大豆・納豆・味噌など
カプサイシン 血行促進・神経系を刺激して発毛を促してくれます。 キムチ・唐辛子・一味など

ホーム RSS購読 サイトマップ