抜け毛の原因 

抜け毛の原因は脱毛遺伝子FGF-5にあった!

脱毛司令に対抗する生体分子FGF-5Sとは?

 

 

毛包付近には、

  • 「髪の毛よ、抜けろ!」と命令するタンパク質「FGF-5」
  • 「髪の毛よ、抜けるな!」と命令するタンパク質「FGF-5S」

が存在します。

 

この「髪の毛よ、抜けるな!」と命令するタンパク質「FGF-5S」が脱毛司令に対抗する生体分子です!

髪が「抜ける」、「抜けない」は、「FGF−5」と「FGF-5S」のバランスで決まる!

髪の毛の状態は、「FGF-5」と「FGF-5S」のバランスで決まっています。
そのバランスが崩れると、5〜7年周期で生え変わるヘアサイクルが崩れて薄毛の原因になるのです。

 

「FGF-5」「FGF-5S」のバランスが崩れる原因となるのが、

 

  • @男性ホルモン
  • A血行不良
  • B遺伝
  • Cストレス・食事・生活習慣

なのです。

 

つまりは、これらの「抜け毛の4大原因」が元で、「FGF-5」「FGF-5S」のバランスが崩れるために、抜け毛、薄毛へと進行するのです。

 

薄毛とは、「FGF-5」が「FGF-5S」より多い状態です

 

「FGF−5」は、脱毛司令における最後の物質です!

 

つまり、

 

全ての抜け毛は「FGF-5」「FGF−5S」より多くなることが原因で起こるのです!

 

ならば!

 

「FGF−5」「FGF−5S」のバランスを取り戻せば、

  • @男性ホルモン
  • A血行不良
  • B遺伝
  • Cストレス・食事・生活習慣

が原因の抜け毛も、成長期が伸びてヘアサイクルが正常に戻ります。

 

ヘアサイクルが正常に戻れば、「抜け毛」は止まり「発毛」する力が蓄えら、発毛へと繋がるのです!

 

「髪の毛と生やす」最も効果的な方法は

 

「FGF−5S」を刺激して「FGF-5」の働きを弱めること、だったのです!

この「FGF-5S」を刺激する育毛剤が<育毛剤チャップアップなのです!

 

 

TOPページは⇒コチラ

 

次のページ⇒育毛剤が「効く!?」、「効かない!?」

 


ホーム RSS購読 サイトマップ